盗撮動画サイトを楽しむ

盗撮という禁じられたフェチ

「女性の性的プライバシーを覗く」「見られたくない部分」を勝手に覗くのが盗撮です。これを自分でやったら犯罪になってしまう、言わば禁じ手です。覗きの甘美な魅力を合法的に味わえる盗撮動画の楽しみについて、まとめてみました。

盗撮動画を数倍楽しむ

私は自分が盗撮フェチと思えるほど盗撮動画が大好きで、毎日ダウンロードして見ています。盗撮動画の何がそんなに楽しいのか、その参考になりそうなことを洗い出してみたいと思います。

盗撮のエロ面白さの原風景

小学生の頃、学校帰りに空き地に捨てられたエロ本を見つけたことがありました。じっくり見たいけれど誰かに見つかるとヤバイし家に持って帰るわけにもいかないし、数ページ見てその場を立ち去りました。今思うと、これって盗撮のエロスに通じるフェチのような気がします。「見つからないようにこっそり覗く」みたいな・・・

盗撮の醍醐味は臨場感

私は小学生の頃、同級生の女子のスカート捲りをやりました。あれって、見ているのと実際にやってみるのとでは興奮度が違います。パンティが見えること自体もイイのですが、それより自分の手でスカートを捲って女の子がキャーって叫ぶ反応に興奮するんですよね。
中学生のときには、女の子の身体が見たくてプールの女子更衣室を覗いたことがあります。あれは「好きな女子の身体がどうなっているか知りたい」という好奇心からでした。窓の隙間から実際に、オッパイやおまんこが見えたときはかなり勃起してしまったことを覚えています。
スカート捲りも女子更衣室の覗きも、好奇心を満たしつつ臨場感を楽しんでいたような気がします。
盗撮の醍醐味は正に、同じ種類の臨場感。盗撮動画を鑑賞するのであれば「他人が覗いている映像」だと思いながら見るより、「今、自分が透明人間になって女湯を覗いているんだ」と妄想をしながら盗撮動画を見ると臨場感が高まると思います。

感情移入が興奮を高める

普通のドラマを見ていて、自分を登場人物に感情移入することってありますよね。敵のアジトに潜入する等々、ハラハラするサスペンスの最中に自ら目を覆っちゃうことってありませんか?
盗撮動画の楽しみ方にも共通する部分があると思われます。トイレ盗撮動画で「このスタイルの良い女のおまんこの形はどうなっているのか」とか、泥酔女のお持ち帰り動画で「パンティを剥ぎ取るスリル」等々盗撮する側に感情移入できれば数倍楽しめます。

盗撮動画サイトに入会を考えている方へ

感情移入できそうな動画、すなわち臨場感あふれる本物動画が多いサイトは、それだけ満足度が高いということにつながります。当HPで扱っている盗撮動画サイトはいずれもハズレが少ないところです。盗撮師の動画を満足に入手すらできないような糞サイトは閉鎖に追い込まれます。現在、盗撮動画業界は過当競争の時代で、本物と思われるような臨場感がある動画を奪い合っているのが現状です。
では、どこのサイトに入っても同じかというと、時季によって入手にばらつきがあるようです。
前月はA社が良かったが今月はB社という具合に。
盗撮動画サイトに入会を考えている方は、日々の動画更新頻度を考えずに現在の「公開作品」だけを参考に選ぶのも良い決め方だと思います。

トップへ戻る