なぜ海外配信サイトが人気なのか?

これは「無修正動画を見られるアダルトサイトが国内には無い」というのが原因です。
日本の法律では"HP上で性器をモロに見せることは猥褻図画の頒布・販売にあたる罪"ということになりますが、米国など諸外国では犯罪には該当しないということ。
すなわち、国内外の法律の違いにより「無修正動画を見るためには海外配信サイトに入会するしかない」という構図が生じています。

無修正動画を見てオナニーしてもOKです。

ちなみに、日本の法律ではこのようになっています。
・猥褻図画の閲覧or購入→○
・猥褻図画の配布or販売→×
そもそも猥褻物・猥褻図画が"悪"かというと・・・
「自分の性器」も猥褻物に当たるわけで、猥褻物が"悪"というわけではないです。
また、あなたが自分の部屋で、おまんこの絵を書いたり自分の性器を写真に撮っても犯罪者にはなりませんし、オナニーして猥褻物陳列罪になったらおかしいですよね。

 

"悪=「その"猥褻物・猥褻図画"をどうするのか?」"ということがポイントです。
そこで、猥褻図画をどうすることが罪だと言っているかというと・・・
刑法175条では「わいせつな文書、図画、その他の物を頒布し、販売し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処する。販売の目的でこれらを所持した者も、同様とする」と規定しています。
つまり、「"売るor見せる"のは公衆に迷惑がかかるので取締りますよ」というルールを作っているわけです。
ネット上で無修正のエロ動画を見たり買ったりすることは、犯罪構成要件に該当しませんのでご安心を・・・。
近年、国内外を問わず有料アダルトサイトの社会的認知度は高まり、海外配信の無修正コンテンツがインターネット普及の最大要因とさえ言われてきました。
偉い人でも普通の人でもみんながおまんこを見たいわけで、もはや"後には戻らない既成文化"と言えるのではないかと思います。

日本語サイトと非日本語サイト

前述のとおり無修正コンテンツを見るためには海外サイトにアクセスする必要がありますが、海外のアダルトサイトには二種類あります。
すなわち、日本語が通じるサイトと通じないサイトです。
結論をお話しすると、日本語が通じるサイトだけを相手にしてください。
"非日本語サイト"に登録するということは日本語が通じないだけでなく、日本人の持つ常識が通用しない一種の"外国の知らない街に迷い込んだ状態"に当たります。わかったつもりになって登録して、退会できずに粗悪なサービスで金を毟り取られるケースがよくあります。

入会するなら"日本語サイト"に限ります。

日本語サイトのメリットとは"日本人向けの有料サービス"であることに尽きます。
具体的には・・・

  1. 日本人のユーザーに向けたビジネスであり、日本人の商習慣に合っている"契約上も安心できるサービス"が多いということ。
  2. スタッフが日本人若しくは一定水準の日本語対応で、トラブルへの対応・接客等のサービスが整っていること。
  3. 配信動画が日本人の好みに合っている。質が良く満足できるコンテンツ。
これに対しタチの悪い非日本語サイトでよくあるトラブル
  • 退会できない。or退会したのに毎月お金が引き落とされる。
  • 問合せメールに返信がこない。
  • HPには嘘ばかり記載されている。→画質が悪いetc。
  • 不明の課金が発生する。
  • 外国からの見知らぬメールがたくさん届くようになる。
  • スパイウェアによる情報抜き取り。
  • PCの不具合が頻発。

恥ずかしながら、上記の事例は私自身が非日本語サイトで痛い目に遭った体験も含まれています。
当たり前のことですが、降りかかってくる全ての災難を自分で解決していかなければなりませんでした。
これは、海外旅行でトラブルに巻き込まれる状況とよく似ています。
海外旅行に関心がある方はわかりやすいと思いますが、「外務省発表の危険情報に注意し、ガイドの案内に従い一人で歩かない」というのが海外旅行の常識。外国の治安の悪さについていけずトラブルにもっとも巻き込まれやすいのが日本人です。スリや置引きはまだいいほうです。身代金目的の誘拐で最も狙われるのが日本人。
⇒そうならないように日本人向けのサービスが整った、信頼できる旅行代理店のサービスを利用するわけですね。
"日本語サイトを選ぶ"というのは、それと同じ理屈です。

 

非日本語サイトはCCBILL加盟サイトがオススメ

この旅行代理店に当たるアダルトコンテンツ業界でいうところの仲介業者(サービスプロバイダ)を選ぶことがまず重要です。
アダルト業界において数千もの加盟店を持ち、消費者からの圧倒的な信頼を得ているCCBILL社という仲介業者があります。アダルトコンテンツ業界では最もメジャーなサービスプロバイダであり、入会するのであればCCBILL加盟のアダルトサイトに限ります。

 

当HPでは実際に入会してみて確かなサービスを提供している「日本語サイト+CCBILL加盟の非日本語サイト」を紹介しております。

トップへ戻る