入会退会のトラブル防止対策

入会する際、利便性やお得度からクレジット決済を選ぶ方が多いことと思います。
前述のとおり、当ホームページにて紹介している”日本語対応のアダルトサイト”でクレジットカード決済することは極めて安全な方法であり通常の買い物と変わりません。
”入会から退会までの流れ”において普通に注意を払っていればトラブルはそうそう起きるものではありません。

 

日本語対応の有料アダルトサイトは意外に親切です。

有料アダルトサイト運営会社にとって一番の関心事は、”顧客満足度⇒会員期間の長期継続”ですから「悩みを解消するためのサポート」の体制もしっかりしているところがほとんどです。例えば、よくある細かいトラブルはそれぞれのサイトのFAQなどに整理されていますし、お問合せフォームから困っていることを相談できるようになっております。
「改善してほしい要望」や「動画のリクエスト」を送ると、親身になって対応してくれるところが多いです。
後述しますが、決済仲介会社(ASP:有料アダルトサイト並びにクレジットカード会社とユーザー間の決済仲介を行う)は有料アダルトサイト運営会社よりはシビアなので、入会登録時に最低限やっておくべきことがあります。

 

よく匿名掲示板などで見かけるトラブルについて整理してみました。

ID・パスワード紛失

有料アダルトサイト運営会社との交渉になります。一般的なサイトでは次のような手順で処理されます。
まず、サイトには”問い合わせフォーム”が必ずあります。
フォームからID・パスワード紛失を問い合わせて下さい。その際「入会時に登録したメールアドレス」を記入するようになっていることと思います。
送信すると「入会時に登録したメールアドレス」宛に、 ユーザーIDが送られてきます。
パスワードはセキュリティー保護のため送信されないので、パスワード変更フォームから変更することになります。

 

入会時に登録した情報がわからなくなってしまった。

一般には決済仲介会社との交渉になります。
「入会に使ったクレジットカードの情報」「入会時に登録したメールアドレス」「登録ID」「パスワード」これらの情報は登録時の4点セットとしてよく心得ておきましょう。
このうち、「入会に使ったクレジットカードの情報」「入会時に登録したメールアドレス」は特に重要です。
どちらも決済仲介会社が契約上の”本人確認”する上で前提となる大事な情報です。

【入会に使ったクレジットカードの情報管理について】

また「入会に使ったクレジットカードの情報」は契約した顧客しか知りえない情報とみなされますので、しっかり管理しましょう。
これがきちんとしていれば、たいていの解約トラブルは交渉を続けていけば最終的に解決できることでしょう。
@入会に使ったカードを万一紛失した場合に備えて、カードの裏表をスキャナーで画像ファイル保存するとか、筆記しておくこと。
※退会時にトラぶった場合でも、入会時のカード情報との整合性を検証しやすくしておくため。
A入会登録確認メールをバックアップ&入会登録時の決済情報が承認された時点のPC画面を保存しておく。
⇒画面の保存はCapture STAFFというツールが便利です。
※入会時に送られてくる登録確認メールには重要情報が含まれています。これを万一紛失した場合に備えておく必要があるでしょう。

【入会登録時のメールアドレス記入を間違った】

入会時に送られてくるはずの登録確認メールが来ない場合、「後日、退会手続きができない」ということになります。気がついた時点で「メールアドレス記入を間違ったため登録確認メールを受け取っていない旨」「登録確認メールを再送してほしい旨」を併せて決済仲介会社に交渉しないといけません。
その際に、やり取りしたメールは万一のことを考えて、保管しておくことは言うまでもありません。

 

参考:拡大写真あり

決済情報が承認された時点のPC画面:カリビアンコムの例 登録確認メール:カリビアンコムの例

 

 

英語で交渉しなければならなくなったとき

当ホームページで紹介している日本語対応有料アダルトサイトのサービスは当然日本語です。
いずれも大手決済仲介会社(ASP)を採用してはおりますが、この決済仲介会社が日本語対応でない場合があります。
具体的には、当サイト紹介の有料アダルトサイトにおいてccbillという決済仲介会社が該当します。

上記のみccbillで、それ以外のサイトは日本語対応の決済仲介会社のみ。
ただ、大手決済仲介会社というのは世界中に数多くの顧客を抱えるグローバル企業ですからシステムがしっかりしており、トラブルが起こることは滅多にありません。
当ホームページで扱っているアダルトサイト関連において、私自身は一度も退会できない等のトラブルにあったことがないですし、メールで交渉しなければならなくなったこともありません。
一応、起きた場合に備えてエキサイト翻訳などの翻訳サイトをブックマークしておくとよいでしょう。
なお、決済仲介会社に対し具体的に何をどのように交渉したらいいのかわからない場合、日本語対応である有料アダルトサイト運営会社に状況を説明して”決済仲介会社への問い合わせ方”を尋ねてみるのも一つの方法です。

 

解約支援サービス

クレジットカードへの継続請求の原因となっている契約(インターネットの有料会員制サイト等)を解約できるようにサポートするサービスがあります。
キャンセルサポートドットコム
交渉が苦手等々の事情で代理人が必要な場合はオススメです。
また、クレジットカード自体を解約するなどの最終手段の前に問い合わせてみるのもよいことだと思います(※レアなケースでしょうけれど・・・)。

 

銀行決済・ビットキャッシュやCLIPS等電子マネーの利用

利便性やお得度は減りますが銀行振り込み決済で済ませれば、退会時の問題は考えなくてもよくなり継続課金もされません。個人情報が一切要らないビットキャッシュやCLIPS等電子マネーを利用する方法も同様です。
銀行決済・ビットキャッシュやCLIPS等電子マネーの利用できるサイト等の詳しいことは前述の銀行振り込み、ビットキャッシュやCLIPSなどの電子マネー決済をご覧ください。

トップへ戻る