PPV(単品購入)でよくある失敗例と対策

失敗例の紹介

PPV(単品購入)でよくある失敗例を紹介します。
@初めて聞く作品名なので購入したら以前入手した既出作品と内容が一緒だった。
A新作なのに既出作品の一部が混ざって編集されていた。
B初めて聞く名前のAV女優だと思って買ったら、同じ人が名前を変えて出ている作品だった。
C作品紹介の画像が気に入ったので購入したら、内容は思っていたものとはまるで違っていた。
Dお目当てのAV女優が出ている作品なので購入したが、他の女優がメインだった。顔も性器もよく見えないうちに終わってしまった。

 

etc・・・
AV女優名や作品名等々の紹介は当てになりません。作品紹介は良い場面(たとえ短くても)が中心になります。
AV動画作品を1000本程度見れば、そういう勘が働くようになりハズレをつかまないようになります。
すなわち、PPVはそういう意味でのリスクを伴う”上級者向き”の購入手段だと言えるかもしれません。

 

失敗しないための対処法

そこで当方がオススメしたい対処法は、次のとおりです。
@まず、月額動画サイトに入会すること。
Aその上で必要に迫られた場合のみにPPVを利用すること。
Bその際には月額動画サイトで情報を入手して、ハズレをつかまないようにする。
C入手した情報を元に、単品購入(PPV)サイトに内容を照会することも可能になりますのでリスクはさらに小さくなることでしょう。

トップへ戻る